ホットヨガの体験レッスン時の持ち物10個+5

ホットヨガの体験レッスン時の持ち物10個

 

↑↑カルド(CALDO)銀座店↑↑

 

 

ここでは、ホットヨガの体験レッスン時に何を持っていけばいいのか?について書いていきます。

 

 

  • 運動ができる上下の服装(Tシャツ、ハーフパンツ、スパッツなど)、ホットヨガウェアでもOK
  • 飲料水1リットル以上(できれば1.5リットル)
  • 汗拭き用タオル
  • ヘアゴム(髪が長い人用)
  •  

  • シャワー後、体を拭くタオル(バスタオル)
  • 替えの下着
  •  

  • 洗顔用石鹸(自分の好みの物があれば)
  • 化粧品、化粧水
  • 保湿ケア用品
  • ビニール袋(汗びっしょりのTシャツ、ヨガウェアを入れるもの)
  • (ヨガマット)体験レッスンの時はスタジオが貸してくれることが多いです。

 

 

 

運動ができる上下の服装(Tシャツ、ハーフパンツ、スパッツなど)ホットヨガウェア

 

 

ホットヨガをする時に着るものです。動きやすく汗を吸いやすいものが良いでしょう。

 

 

 

飲料水1リットル以上(できれば1.5リットル)

 

ホットヨガをやると大量の汗をかくので、レッスン中はこまめに水分補給を行ないます。

 

 

そのための飲料水です。ホットヨガ近くのコンビニやホットヨガスタジオで売っていることも多いです。

 

 

自宅から持っていくと重いので、ホットヨガスタジオの近場で調達したい所です。

 

 

 

汗拭き用タオル

 

ホットヨガをやっている時の汗拭き用のタオルです。

 

 

 

ヘアゴム(髪が長い人用)

 

髪が長い人は、髪が汗で顔にはりついたりして気持ち悪かったり、邪魔だったりします。

 

 

 

シャワー後、体を拭くタオル(バスタオル)

 

ホットヨガ後はシャワーを浴びますので、その時の体拭き用のタオルになります。

 

 

 

替えの下着

 

ホットヨガをやったら下着も汗でぐっしょりです。シャワー後、着替えるために替えの下着を用意しておきましょう。

 

 

 

洗顔用石鹸(自分の好みの物があれば)

 

これはあってもなくても良いです。ホットヨガに備え付けのものもあったりしますが、備え付けのものが嫌だったり、自分の肌に合ったものの方が良いという場合は持参しましょう。

 

 

 

化粧品、化粧水

 

レッスン後は汗で化粧が流れ落ちます。化粧をしてスタジオを出たい場合は持って行きましょう。

 

 

化粧水はあってもなくても良いですが、汗をだらだら流した後、気になるようでしたら、もっていくのも良いでしょう。

 

 

 

保湿ケア用品

 

これも人によるのですが、ホットヨガをやった後は、お肌がプルプルになるという人と、少数派ですが乾燥する、という人がいます。

 

 

乾燥する場合に備えて、の保湿ケア用品という事になります。

 

 

 

ビニール袋

 

汗びっしょりになったTシャツやヨガウェアと汗拭き用タオルとシャワー後に体を拭いたタオルを入れるビニール袋です。

 

 

スーパーでもらう袋なんかでOKです。

 

 

 

(ヨガマット)

 

ヨガマットは体験レッスンの時は、無料レンタルなどで貸してくれる事が多いです。

 

 

 

また、大きさが決まっている所もあり、そういう所はその大きさのヨガマットがそこで売られている事が多いので、通うようになってから購入するのが良いでしょう。

 

 

 

(通う時の話になりますが)大きさの合わないマットを持っていくと、規定の大きさに折りたたむように言われたりします。

 

 

 

また、ホットヨガは普通のヨガと違って、ヨガマットを使わずにバスタオルを引いてレッスンをする所もあります。

 

 

 

ヨガラグというヨガ専用のバスタオルみたいなものもありますので、通うことになりそうなら、そのスタジオのおすすめのものを使うのが良いでしょう。

 

 

ホットヨガの体験レッスン後に入会に必要な持物5個

 

 

ホットヨガの体験レッスン後、入会しようと思うのなら、基本的には以下の5個のもの?が必要になります。

 

 

  • 入会金
  • 事務手数料・登録料
  • 月会費:約2か月分(LAVAは1〜1.5か月分、カルドは2〜2.5か月分)
  • LAVAだと別途施設使用料1852円(税込2000円)
  • 公的証明書(免許証・保険証・パスポートetc)
  • 金融機関のキャッシュカード(月額料金の引き落とし口座を作るために必要になります。)
  • (金融機関のお届け印)
  • (支払い用のクレジットカード)

 

 

金融機関のキャッシュカードというのは、引き落とし口座用の金融機関名、支店名、口座番号などを知るときに必要、との事です。

 

 

 

金融機関のお届け印は「よくある質問」の方には書いてあったりするけど、(公式サイトの)「入会に必要なもの」の所に書いてなかったりするので、カッコつきにしました。

 

(LAVAには書いてあったのですが、カルドは「よくある質問」の方にしか書いていませんでした。 ※・・・サイト管理人調査時の話です。)

 

 

 

後、ホットヨガスタジオや店舗によって条件が異なっていたりすることがありますので、原則、上記のものが必要と捉えていただければ大きく間違う事はないかと思います。また

 

 

  • 入会金
  • 事務手数料・登録料
  • 月会費2〜2.5か月分

 

クレジットカード払いでもOKの所もあるので、クレジットカードも持参すると良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

ホットヨガの体験レッスン時に持っていった方が良い物については以上になります。

 

 

 

 

 

 

140以上の市・町・駅周辺のホットヨガスタジオの場所(グーグルマップつきで紹介)と料金の一覧表を作りました。

 

おすすめホットヨガスタジオ調査主要駅一覧表〜ホトヨガ〜

 

 

 

さらに数が多い所については安い順でランキングを紹介しています。

安いホットヨガランキング〜地名・駅名別に調べました〜

 


 
トップ 地名駅名別一覧 安い順ランキング お問い合わせ 免責事項