ホットヨガの入会時に必要な持ち物6つ

ホットヨガの入会時に必要な持ち物6つ

 

↑↑カルド(CALDO)銀座店↑↑

 

 

ここでは、ホットヨガの入会時に何を持っていけばいいのか?について書いていきます。

 

 

 

ホットヨガの体験レッスンの時に必要な持ち物につきましては、こちらをご覧下さい。

 

ホットヨガの体験レッスン時の持ち物10個

 

 

ホットヨガの入会時に必要な持ち物6つ

 

 

ホットヨガの入会時には、原則、以下の6個のもの?が必要になります。

 

 

  1. 入会金
  2. 事務手数料もしくは登録料
  3. 月会費2〜2.5か月分(1〜1.5ヶ月の所もあり)
  4. 公的証明書(免許証・保険証・パスポートetc)
  5. 金融機関のキャッシュカード(月額料金の引き落とし口座を作るために必要になります。)
  6. 金融機関のお届け印
  7. (支払い用のクレジットカード)

 

 

但し、1つ目と2つ目の入会金・事務手数料もしくは登録料は、体験レッスンを受けた直後に入会すると無料になることが多いです。

 

 

 

払いたくない場合は、体験レッスンを受けてから入会するようにしましょう。(笑)

 

 

 

入会金・事務手数料もしくは登録料、月会費はホットヨガスタジオ、店舗、受けるコースによってバラバラです。

 

 

 

店ごとの入会金が知りたい場合は、右サイドバーの各ホットヨガスタジオの「○万円損をしない入会方法」の記事をご覧下さい。

 

 

 

ちなみに金融機関のキャッシュカードというのは、引き落とし口座を作るための

 

 

  • 金融機関名
  • 支店名
  • 口座番号

 

 

を知るために必要、とのことです。もちろん預金通帳でもいいし、通帳のコピーでも良いです。また

 

 

  • 入会金
  • 事務手数料・登録料
  • 月会費2〜2.5か月分

 

 

クレジットカード払いでもOKの所もあるので、クレジットカードも持参すると良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

ホットヨガの入会時に持っていった方が良い物については以上になります。

 

 

 

 

 

 

140以上の市・町・駅周辺のホットヨガスタジオの場所(グーグルマップつきで紹介)と料金の一覧表を作りました。

 

おすすめホットヨガスタジオ調査主要駅一覧表〜ホトヨガ〜

 

 

 

さらに数が多い所については安い順でランキングを紹介しています。

安いホットヨガランキング〜地名・駅名別に調べました〜

 

 

 

その他おすすめ記事一覧

 

 

LAVA

LAVA(ラバ)で約1.5万円の損をしない入会の方法
体験レッスン後すぐに入会した方がお得ですが、入会日について気をつけておきたい事があります。


カルド

カルド(CALDO)で約2万円の損をしない入会の方法
体験レッスン後すぐに入会した方がお得ですが、入会日について気をつけておきたい事があります。



 

 

 

大手ホットヨガスタジオ4店の特徴まとめ
どこが初心者向きなのか?インストラクターの質はどうなのか?を口コミなどからまとめました。



 

 


 
トップ 10の改善効果 店別口コミまとめ 地名駅名別一覧 お問い合わせ 免責事項