カルド(CALDO)の入会時に必要な持ち物6つ

カルド(CALDO)の入会時に必要な持ち物6つ

 

↑↑カルド銀座店↑↑

 

 

ここでは、カルド(CALDO)の入会時に何を持っていけばいいのか?について書いていきます。

 

 

 

カルド(CALDO)の体験レッスンの時に必要な持ち物につきましては、こちらをご覧下さい。

 

ホットヨガの体験レッスン時の持ち物10個

 

 

カルド(CALDO)の入会時に必要な持ち物6つ

 

 

カルド(CALDO)の入会時には以下の6個のもの?が必要になります。

 

 

  1. 入会金
  2. 事務手数料
  3. 月会費2〜2.5ヶ月分
  4. 公的証明書(免許証・保険証・パスポートetc)
  5. 金融機関のキャッシュカード(月額料金の引き落とし口座を作るために必要になります。)
  6. 金融機関のお届け印
  7. (支払い用のクレジットカード)
  8. (安心バリュープラスの費用 1ヶ月500円(税別))

 

 

1つ目と2つ目の入会金・事務手数料は、体験レッスンを受けた直後に入会すると無料になることが多いです。

 

 

 

払いたくない場合は、体験レッスンを受けてから入会するようにしましょう。(笑)

 

 

 

入会金・事務手数料、月会費は店舗によって異なっている場合があります。

 

 

 

店ごとの入会金などが知りたい場合は、各ホットヨガスタジオ全店舗一覧への行き方からカルド(CALDO)の各店舗の公式サイトをご覧下さい。(右サイドバーにもリンクはあります。)

 

 

 

ちなみに金融機関のキャッシュカードというのは、引き落とし口座を作るための

 

 

  • 金融機関名
  • 支店名
  • 口座番号

 

 

を知るために必要、とのことです。もちろん預金通帳でもいいし、通帳のコピーでも良いです。また

 

 

  • 入会金
  • 事務手数料
  • 月会費2〜2.5か月分

 

 

クレジットカード払いでもOKなので、クレジットカードも持参すると良いかもしれません。

 

 

 

安心バリュープラスというのは、施設内でケガをした時に見舞金などが出る制度です。

 

 

 

一種の傷害保険のようなものかと思います。

 

 

 

1ヶ月500円(税別)で、どうもオプション(希望者のみ払う)の店舗とその制度への加入義務がある店舗とに分かれているようです。

 

 

 

適用例として

 

 

  • レッスン中に足首を捻挫(施設内)
  • プールサイドで走って転んでケガをした(施設内)
  • 浴室での転倒(施設内)

 

 

といったものがありました。

 

 

 

 

 

カルド(CALDO)の入会時に持っていった方が良い物については以上になります。

 

 

カルド全国店舗一覧への行き方

 

 

カルドはこちら(↓)のリンクから直にいけます。

 

 

↑↑カルド全国店舗一覧↑↑

 

 

 

 

 

140以上の市・町・駅周辺のカルド(CALDO)スタジオの場所(グーグルマップつきで紹介)と料金の一覧表を作りました。

 

おすすめカルド(CALDO)スタジオ調査主要駅一覧表〜ホトヨガ〜

 

 

 

さらに数が多い所については安い順でランキングを紹介しています。

安いカルド(CALDO)ランキング〜地名・駅名別に調べました〜

 

 

入会前に知っておきたい記事一覧

 

 

ホットヨガで美肌効果を手に入れる7つの方法
まれにホットヨガ前後にスキンケアをしないと肌が乾燥したりする事があります。


 

ホットヨガでダイエット効果を得るための5つの条件
ホットヨガでダイエット効果を得ようと思うのなら注意しておきたい事があります。



 

 

ホットヨガが肩こりに効果がある理由3つ
肩こりは血流アップと肩周りの筋肉の柔軟性を高めることで改善されていきます。


ホットヨガで肌荒れを改善する5つの方法
著書「体を温めると病気は必ず治る」を元に肌荒れ改善についての内容を紹介しています。




 
トップ 10の改善効果 店別口コミまとめ 地名駅名別一覧 お問い合わせ 免責事項